カメラのサブモニターに、「OBCナイト・ニュース」のタイトルロゴが踊る。緊張とは常に同居を強いられる職場が、今日は一段と張り詰めているようにレベッカには感じられた。それは、伝えるべきニュースの内容か、報告者としての自分の緊張か――。

「こんばんは、OBCナイト・ニュース。今日は番組時間を延長して、石川による魚沼侵攻を中心にお伝えいたします。まずは、こちらの映像からご覧下さい。OBC新南魚沼支局から送られてきました、戦闘開始直後の映像です」

モニターには、支局のカメラマンが必死に撮影した現地の生映像が映し出される。窓の外を、ビルの上空スレスレの高度で戦闘機が通り過ぎ、複数のビルの上で爆発の炎が膨れ上がる。慌しく駆け回る支局員たち。閃光が爆ぜ、窓ガラス一面に細かいヒビが走る。遠くに、爆弾を撒き散らしながら飛行する爆撃機の細長い姿が見える。爆撃機が飛ぶルートの後方からは、無数の火柱が空に吹き上がる。と、そのうちの1機が突如炎に包まれ、斜めに傾いて高度を下げていく。魚沼軍による反撃が始まったのだ。その一撃をきっかけに、空に刻まれるのは無数の白いエッジ。そして、爆ぜる火球と黒煙。アクション映画では良く見かけるこの光景は、しかしノンフィクションの現実の映像だった。

「魚沼時間の朝、「将軍たち」による軍事政権によって統治されている石川が魚沼への全面侵攻を開始しました。石川内戦期においても、軍閥の一部勢力が魚沼領内に越境し、魚沼軍との間で戦闘状態になることは発生しておりましたが、今般の侵攻は規模からもその比ではなく、石川の有する戦力の大半が投入されている模様です。国境近くに位置する首都新南魚沼市では激しい戦闘が繰り広げられましたが、魚沼軍司令部は首都防衛部隊の残存戦力に対して撤退命令を出し、事実上石川軍により占領される事態となりました。新南魚沼支局からの連絡も途絶えているため確認が出来ないのですが、石川地上軍本体が魚沼領内へと既に進攻しているとの情報もあります。

石川軍による進攻を受け、国際会議に出席するためソビエト連邦を訪問中だったカークランド首相は記者会見を開き、石川による侵攻作戦を厳しく非難し、臨時政府の設立を宣言しました。既に首相は魚沼へと帰国していますが、空港にて開かれた会見の模様をご覧下さい」

空港の会議室が会見場になったらしく、窓の外には離陸を待つ旅客機の群れが並んでいる。カメラのフラッシュが焚かれるたびに眩しそうに目をしかめながら、緊張で顔を真っ赤にした男の姿が映し出される。続けて、「ラバン・カークランド首相」とテロップが表示される。どちらかと言えば背が低いカークランド首相の姿は、評するならば「頼りない」という一言に凝縮されるに違いない。だが、大抵の記者たちの期待と予想を、この頼りない首相殿は華麗に裏切ってくれることとなる。

『こ、このような暴挙が現実に行われたことを、私は決して許すことが出来ない!石川軍事政権には、今回の戦闘行為の経緯と意図について説明を求めていきたいと思いますが、まず何より、速やかに我が国の土地から出て行っていただきたい。新南魚沼が占領されたとの事で、今のところ現地の閣僚たちとの連絡を私は取ることが出来ませんので、私はこの場で臨時政府の樹立を宣言すると共に、石川による戦闘行為を明確な敵対行為と見なし、宣戦布告を宣言するものであります』

最初こそは声を震わせて発言し、しかも何かの裏紙に書き込んだらしい原稿を手にしたその姿に、一部の記者たちの失笑を買ったカークランド首相ではあったが、その後淡々と紡ぎ出される言葉はどれも非常に重いものであった。ただ、そののんびりとした口調との落差によって、発言の重大性にようやく気が付いた記者が慌てて顔を上げる光景が、画面にも映し出されていた。1カメが、「そろそろスタジオに戻すぞ」とサインを送ってきたことを確認し、レベッカは隣に座るマクワイトにアイコンタクトを送る。わかった、と頷く彼の表情が、今日は一段と緊張したものになっていた。