いつの間にか、新南魚沼にも冷たい風が吹く季節になっていた。今の住処に行き着いたときには、まだこの街は真夏だったはずなのに。夏と比べれば随分と優しくなった日差しを見上げながら、マティルダは変わり果てた新南魚沼市街を散策している。新南魚沼が襲撃されてからしばらくは、基本的に隠れ家たる穴蔵にこもっていた彼女たちだったが、「このまま篭ってると身体にも精神にも良くない。秘密の出口から外にも出よう!」というバレンティンの提案を受けて、少なくとも一日一回は表に出ることが義務となったのだ。実際、遊び道具もほとんどない穴蔵の生活は、日が経つにつれて辛いものに変わりつつあったから、その提案は妥当なものだった。驚いたことに、バレンティンは隠れ家から表へと出るための「秘密の入口」を新たに発掘してきていて、マティルダたちを驚かせたものである。そして表に出るようになった彼女たちは、新南魚沼の現実を改めて突きつけられた。あの時は必死に逃げるしかなかった王様橋は、未だに黒焦げ、崩れ落ちたまま。きっと世界で一番美しい街に違いないと思っていた首都の街並みも、爆撃によって穿たれた大穴や崩れたビルが放置されたまま。何より、石川の兵士たちが我が物顔で歩き回っていることがマティルダには気に入らなかった。すっかり景色が変わってしまった道を歩きながら彼女が辿り着いたのは、新南魚沼中央駅のロータリー。駅としての機能は既に回復していたけれども、ホームの屋根はところどころ穴が開いたまま。かつて魚沼の国旗が掲げられていた場所には、石川の真っ赤な旗が翻る。「クソッタレ」と父親とその親友たるおっちゃん直伝の罵り言葉を小声で呟きながら、マティルダは駅の一角に腰を下ろした。

この駅は石川本国と魚沼とを結ぶ重要な拠点でもあるようで、旅行鞄を手にした兵士たちの姿が多い。その結果何が起こるかと言うと、彼ら旅行者はこの街に一人放り出された子供たちの格好の「獲物」となった。その荷物には、少なからぬ現金が必ず含まれていたからである。マティルダたちの場合、食料という点に関しては不安は無かったものの、一番の問題は服だった。そして、服を買うためには現金が必要だった。バレンティンはとても悲しそうな顔をしたけれども、彼の財布に負担をかけ続けるのも嫌だったので、必要最低限に絞って、マティルダたちも盗みに手を染めた。最初の何回かで比較的多めの現金を確保出来たので今は全く手を出してはいなかったけれど、首都における子供たちの窃盗は石川軍の神経を逆撫でしたようで、最近はパトロール兵の姿が倍増した。さらに、彼らは犯罪少年・少女を更生させるための施設まで作り上げ、これをさも素晴らしい施設であるかのように宣伝した。もとはと言えば、彼らが戦争を起こしたからこうなっているのだ、という事実を棚上げにして。結果、パトロール兵たちの増加に反比例するかのように、石川兵を狙った小犯罪は却って増加した。そして、逆上した兵士によって被害に遭う子供たちの数も増加した。最も滑稽だったのは、将軍たちに取り入ろうと躍起になっている政治家たちで、そういった犯罪を起こしているのはもともと不良少年ばかりだ、等という声明を発表し、首都に残った人々の失望と失笑を買うこととなった。父親やおっちゃんたちが戦い続けているというのに、何てアホな大人たちだろう、とマティルダも呆れ返ったものである。

何やら甲高い話し声が聞こえてくる方向に視線を向けたマティルダは、そこに複数の軍服と、真ん中でマイクを持って何やら偉そうに演説している男の姿とを見出した。放送局独特の大きな集音マイクに加え、テレビカメラの姿もある。わざわざスーツをぴしりと着込んでいるところが、マティルダの癇に障った。言うまでも無く、石川軍の放送局だ。ちなみに、占領下でのテレビ番組は極めてつまらないものに変わっている。民放がことごとく放送停止に追い込まれたうえ、唯一のチャンネルが石川駐在軍によって運用されているからだ。これがとにかくつまらない。陰気な顔のおっさんが延々と演説していたり、石川語の教育番組らしきものが放映されたり、マティルダにとって楽しかったのは、赤いフランカーの航空部隊のドキュメンタリーくらいのものだった。でも、それさえも繰り返し繰り返し同じ映像が流されているのでは次第に飽きてくる。石川の人たちはよくもこんなものばかり見せられて平気なものだ、と違う意味でマティルダは感心していた。そういう放送局の人間だけあって、聞こえてくる言葉も何だか平凡なものばかり。かつての魚沼の放送局のアナウンサーたちのような豊かなボキャブラリーとは、どうやら無縁であるらしい。必要以上に張り上げる声が、また気に食わない。そうでなくても、石川軍人の存在自体、鬱陶しいものであるのだから。