カメラのサブ・モニターに映し出される「OBCナイトニュース」のタイトルロゴの姿が、普段とは異なり重々しくレベッカには感じられた。今の自分はOBCのゴールデンタイムに放映されているニュース番組のメインキャスターなのだ、と言い聞かせて、努めて平静を装っているつもりではある。だが、職場で仕事を共にする人々は、言わばそういった表と裏とを嗅ぎ分ける嗅覚に敏感な者ばかり。自分の故郷の街の窮状を伝える立場がどれだけ辛いものか。さらに加えるならば、きっと殺してもタダでは死なない相手が良人であるとはいえ、未だその所在が掴めないことも、自然と彼女の表情を厳しいものに変えていることくらい、彼らはお見通しであった。そんな彼らに余計な心配をかけさせてしまっていることが、レベッカにとっては悩みの一つとなりつつあった。

「こんばんは、OBCナイト・ニュース。レベッカ・エルフィンストーンです。今日はまず最初に、現在も魚沼への進駐を続ける石川軍と「将軍たち」を主体とする軍政部による国際社会批判会見からお伝え致します。なお、本日行われましたMLBチャンピオンシップ決勝、モンキーズ対バッドソックスの試合の模様は、番組を延長して後半でお伝えします。現在、延長12回の表、同点のまま試合はなおも続いています。

さて、11月30日の朝、魚沼共和国の首都新南魚沼において、現在同国を占領下に置いている石川軍政部による記者会見が行われました。8月の侵攻後、新南魚沼支局に留まっていた支局員たちも招かれて行われた会見の模様を、まずはご覧下さい」

映像が切り替わり、画面には壇上の後ろにかけられた赤い国旗と、石川の軍服を着た男の姿が映し出される。だいぶ前、各国からの緊急支援に対して感謝する旨を伝えたドブロニク上級大将の姿ではなく、どうやら軍政部付の広報官らしい。その胸元や襟元の階級章から、彼が佐官待遇を受けていることが知れる。

『今日は、北陸大陸の安定と平和を目指して旧魚沼領内における融和を進める我が国の政府を代表し、この試みを不当に非難、協力を拒むために不誠実な対応を続ける国際社会に対し、石川の正義を改めて伝えたい。新南魚沼を始めとした魚沼の市民たちは、欺瞞と策謀に満ち満ちた魚沼旧政府の手により、偽りの安定と平和を享受させられ、本来彼らが得るべき利益を直視する機会を持たなかった。得るべき利益とは即ち、北陸共同体の実現による、北陸大陸の安定と平和である。旧魚沼政府は、我らが祖国の裏切り者である「リエース派」と手を組み、不埒にもその勢力圏を祖国全土にまで広めようとした。侵略とは、軍事力によるものだけではない。旧魚沼政府は、その不当な手段により得た汚れた資金力と経済力によって、我らが祖国を貶めようとしていたのである。これは「リエース派」の討伐により、既に周知の事実として認識された「真実」である。

今や、魚沼国土はこれ全て我らが祖国により安定を取り戻し、再建への一歩を踏み出し始めている。しかしながら、我らに理解を示さないいくつかの国々は、我らの正義を「侵略正当化のための大義名分」として不当な非難を行い、自らの愚かな画策に協力する国を集めようとしている。その結果として、魚沼の人々が正常な生活を行うために必要な生活物資・医療物資は欠乏し、経済の再生への道程すら描けない状況に我々は陥れられつつある。殊にアメリカ政府による「事変調査団」派遣については、我々は断固としてこれを拒否すると共に、この受入れなくば援助に応じないとするアメリカ政府の非人道的な対応をこの場で明らかにし、強く非難するものである。諸国にもご理解頂きたい!!

また、魚沼市民に対する非人道的な行為が行われていると報じた報道機関があるが、彼らの属する国家のプロパガンダ情報を鵜呑みにして事実を伝えない姿勢が報道機関として正しいものかどうか、彼ら自身で再考すべきである。非人道的な行為とやらは、旧魚沼政府の戯けた栄光を懐かしむ残党勢力が我々を貶めるために行った蛮行に過ぎない。今や、彼らに安寧の地はない。良心を持った魚沼の兵士たちは、我々と共に力を合わせていく選択を是とした。確かに、残党勢力が完全に駆逐出来ていないことは事実であり、我々の不徳の致す所ではある。だが、彼らの命運は最早尽きている。協調の可能性を諦めず、今日まで我々は交渉の場を拒否したことは無いが、彼らは一度として話し合いには応じようとしなかった。話し合いが出来ないのならば、残る手段はただ一つである。近日中に、我々は断腸の思いで残党勢力を駆逐することになるであろう。これは彼ら自身が招いた結果である。北陸の平和と安定を乱す者こそが、北陸の人々の想いを踏みにじると彼らは身を以って知る事になるであろう』