さわやかな太陽の光が、大地に、そして新南魚沼の街に降り注いでいる。初夏の風が、磯の香りも一緒に運んできて、この街独特の夏の香りが辺りを包み込んでいく。新市街の高台に建てられたその家の庭からは、近代的な新市街のビル群、新南魚沼の人々の自慢の一つである「王様橋」、そして「金色の王」が座る小さな古い城とが一望に出来る。時折その景色に視線を動かしながら、庭に置かれた椅子の一つに腰掛けて、メリッサは読みかけの小説のページを捲った。それは、中世の伝承をもとに書き起こされた冒険の物語。英雄王アウレリウス2世の側近の視点から描かれたこの作品は、彼女のお気に入りだった。小説である以上、フィクションは随所に埋め込まれる――これは仕方が無い。でも、現実の英雄王は本当にこんな姿だったのではないかな、とも彼女は思う。彼の残した「金色の王」は、今でも新南魚沼に生きる人々の誇りであり、守らねばならない大切な至宝。彼が成し遂げたこの国の安定を、私たちはこれからも守り続けていかなくてはならない――この街に生まれ育った者なら、きっとそう信じていることだろう。今この場にはいないアルバートも、その想いを胸に任務に就いている。戦闘機パイロットである夫は、今日もどこかの蒼い空で天使とダンスを踊っているに違いない。それが少し、メリッサには憎らしくてたまらない。彼を見送る時の定番の挨拶は、拗ねた顔で浴びせる「天使とダンスでもしてたら?」だ。その度に夫は申し訳なさそうな顔を浮かべて、頬にキスをする。そして、戻ってくるときには必ずどこかの店でケーキを買ってくる。同僚に言わせると、新南魚沼市内のケーキ屋の場所は部隊で二番目に知っているとのことだ。ちなみに一番目は、アルバートと長年の付き合いの悪友殿らしい。低いクラクションの音に振り返ると、見慣れた黄色いスクールバスが家の前に停まっていた。寝坊はしていないはずなのに、あの子は何をしているのだろう?

「おっとっと、何のプガチョフコブラ!」

ドタドタドタ、という足音の後に、ドン、と着地する音が聞こえてくる。続けてドアが勢い良く開き、中から踊る金髪が姿を現す。

「こらマティルダ、また階段を飛び降りたでしょう!?」
「へーきへーき、フランカーはこの程度じゃ壊れないってね」

おてんば娘 全く悪びれずに笑う娘の姿を見て、メリッサは苦笑を浮かべた。見かけとは正反対に、娘は正真正銘のおてんば娘。どうやら学校でも「男子生徒を引き連れて」駆けずり回っているらしい。そんな娘の姿に、アルバートが喜んでいるから余計に拍車がかかる。食卓に3人揃うと、どうも夫がもう一人いるような気分になってくる。もっと女の子らしいおしとやかさも身につけて欲しいと願うのは、母親の幻想なのだろうか?テーブルの上に置かれたラジオから流れてくる爽やかな歌声を奏でる子供たちのように、少しは女としての魅力も身につけて欲しい――メリッサのそんなささやかな願いは、当分かなえられそうも無い。ため息半分に、ランチボックスの入った巾着袋を娘に手渡す。

「お、いい匂い!ハンバーグ万歳!!」
「ちゃんとニンジンとピーマン入れといたわよ」
「げっ……悪魔」
「小悪魔に言われたく無いわよ」

舌を出した娘の手を取って、用意しておいたコインを握らせる。

「ちゃんと王様に渡すのよ。この間みたいにお菓子に姿を変えていたら……分かってるわね?」
「分かってるって。じゃ、行ってきまーす!!」

運転手に手を振りながら、マティルダはステップを駆け上っていく。ひらり、と身を翻して、ニコリと彼女は笑った。

「天使とダンスでもしてな!」

それは、我が家ではすっかりと挨拶代わりになってしまった夫アルバートの口癖。

「そうね。では、ワルツではなくタンゴで」

ニカ、と笑いながらサムアップしたマティルダの姿がバスのドア向こうに消え、馴染みの運転手が軽く首を下げてエンジンをスタートさせる。今日は学校の勉強はお休み。その代わり、校外学習で彼女たちは「金色の王」の座る王城へと向かったのだった。そこで、彼女たちは昔と代わらぬ優しい笑みを浮かべた王に謁見する。歴史上の色々な出来事は、大きくなってから覚えればいい。今は、あの王の姿をゆっくりと眺めるだけで、子供たちには充分。改めて椅子に座り直したメリッサは、再び小説を開く。ラジオからは陽気なDJの声と共に、この朝の光に相応しい歌声が流れ出す。今日もこの街は平和に満ち溢れている――全身に心地良い陽の光を浴びながら、メリッサは蒼く広い大空を見上げた。ー