南魚沼市の執務室には、いつにない緊迫感が漂っていた。この部屋の主はいつもと変わらず飄々としているのだが、この部屋に招き入れられた当人は疑心暗鬼という言葉を体現したかのような表情を浮かべて、昨日運び込まれたばかりのソファ――とは名ばかりの、金属製デスク同様の安物――に腰を下ろしていた。緊張の極みといった表情で恐る恐るコーヒーを差し出した秘書を気の毒そうに見守りながら、カークランドは普段のように缶コーヒーの蓋を開ける。怪訝そうな表情が一層深まるが、秘書の淹れたコーヒーは合格点だったらしく、何度かこの部屋の「客人」は頷きながらコーヒーを啜った。

「――ようやく人間の淹れてくれたコーヒーを味わう事が出来たというものかな」
「私は味覚オンチなので、苦い、ということくらいしか分かりませんが、喜んでもらえたのならば光栄ですね」
「そんな甘ったるい缶コーヒーばかり飲んでいるからそうなるのだよ、カークランド首相」

少し睨みつけるような視線をカークランドに向けている「客人」の名は、クルード・ベンティンク。ネオ金沢の自宅で軟禁状態に置かれていた彼は、魚沼軍によるサン・ロマ奪還作戦の一環として救出され、安全地帯であるここ南魚沼市へ到着したのであった。救出作戦の指揮を執った部隊長たちに対しては感謝の意を伝えていたベンティンクではあったが、政敵たるカークランドを前にして、複雑な気分となったことは否めなかった。何しろ自分自身はカークランドを散々こき下ろし、その足を引っ張ろうとしていた張本人である。その政敵をわざわざ救出し、自らの執務室に招き入れるカークランドの魂胆を、彼は図りかねると同時に、戦前の彼の姿とのギャップに戸惑っていたのである。これが、政権をただ繋ぐために首相に就任させられた男の姿だろうか、と。

「毒舌も健在なようで何よりです、ベンティンク議長。それでこそ、軍に無理を言って救出を依頼したかいがあったというものです」
「聞き捨てならない話ですな、首相。非常時とはいえ、私的に軍隊に命令を与える権限を首相は有していないはずだ。いや、そもそもこの戦争自体、貴方はご自身の基盤たる与党の承認も無く戦闘を継続されている。この責任をどう考えておられるのか?」
「困ったことに、全くその通りなのですよ。首脳部は南魚沼市で彼らに丁重に保護されているようでしてね、私の代役を立てることも政策を決めることも出来ていません。当然、戦闘続行に対する承認も、ね。仕方が無いので、開戦前の任命に従って、微力を尽くしている次第です。首相には、有事の際の総司令官という有難くも無い肩書きが付いていますからね。少なくとも、エストバキアに征服されることを看過することは、この首相という役割の人間がやってはならないことでしょう?」

どちらかと言えばせっかちな性格のベンティンクは、満遍なくゆったりと話すカークランドのペースが苦手であった。だが、改めて彼は認識した。今目の前にいる男は、戦争という未曽有の有事に対処すべく奔走し、ここまで来たのだ、と。話し方も雰囲気も変わるものでは無かったが、彼の言葉には力が籠っている。それは、首相としての責務を果たそうという、カークランドの覚悟がそうさせているのだ、と気が付いたのであった。

「だが首相、戦闘が続けば、その期間が長くなればなるほど、軍属にある国民たちの命が失われていく。いや、兵士たちだけでは無い。占領下の都市にある国民たちの命も危険に晒される。そこまでして、戦闘を続行することに何の意義があるのか?いつから魚沼は戦争国家になったのかね?」
「意味ならありますよ。彼らに魚沼から撤退して頂く、という重要な意味がね」
「それは戦闘以外の方法でも出来るはずではないか。殺し合いこそが解決の手段とでも言うのか?」
「そうです」
「なっ!?」
「ベンティンク議長、おかしいとは思いませんか?エストバキアが魚沼に対する侵攻を周到に用意し続けてきていたと仮定して、その情報を諜報部を始めとした機関が全く察知していなかったのでしょうか?勿論、平和ボケで機能していなかった、というオチも付くかも知れませんがね、そこまで能力の無い機関では無いと思うのですよ、私は。ならば、理由は別のところにある。その報告は、もみ消されていたのですよ、私の元に届く前に、ね。それどころか、軍の前線部隊にも伝わっていなかったのです」

カークランドは一旦話を切り、缶コーヒーを軽く呷った。本題はここから。カークランドには彼なりの目的と計算があった。これから先、魚沼の進む先を決めるためには、今目の前に座る男の協力が不可欠なのであった。だが、何の理由も無く彼は協力などしない。彼の矜持が決して許さないだろうから。ならば、その理由を明確に定めるしかない。全く、交渉事も楽ではありませんね、とカークランドは胸の奥でそうぼやく。